新年度スタートにあたって 

令和3年4月30

校長 中根 隆弘

 令和 3 年度がスタートして間もなく一か月が経とうとしています。生徒たちの活気あふれる声が響 き渡る中、順調に教育活動を推進しております。学校行事も、工夫をしながら実施をすることができ るようになってきました。4 月 13 日には、感染対策を施しながら新入生歓迎会を実施しました。4 月 16 日には、保護者会も実施することができました。まだまだコロナ禍の状況ですが、こうして教育活 動を推進できることは我々教職員にとって何よりの喜びでございます。今後とも、互いに知恵を出し 合いながら、できる限りのことを精一杯取り組んでまいりますので、地域の皆様、保護者の皆様のご 支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

 さて、今年度『笑顔で挨拶ができる学校』を重点目標として取り組んでいくことは、すでにご案内のところですが、さっそく生徒たちにも変化が見られております。毎朝、全校生徒と挨拶を交わすのが私の日課になっておりますが、今年度は、極めて遠くの方から「おはようございまーす!!」と声を かけてくれる生徒が何名か現れました。これは、昨年度まではなかった光景です。もちろん、今まで 通り、笑顔で元気な挨拶を交わしてくれる生徒がたくさんいてくれることは言うまでもないのです が・・・、生徒たちも、例年より意識を高くもってくれている印象があり、大変嬉しく思っておりま す。

 そこで、生徒の皆さんへは、次なる目標を発信したいと思います。それは、・・・

・・・挨拶の声を相手に届けよう!・・・
 相手から、挨拶の声が届くと嬉しくないですか? 私はそのような挨拶が相手から届くと、とても 自分が元気になるので、ぜひ 5 月からの学校全体の目標にして、より一層皆が元気に過ごせるように していきたいと思いました。「私は挨拶の声を届けることができているよ!」と思える人もいるでし ょうし、「できていないかな?」と思う人もいると思います。できていると思える人は、引き続きそ の調子で周りに元気を与えてあげてください。できていないと思う人は、少しでも声を出すことから 始めてみましょう。この目標が達成されるか否かは、フォロワーである皆さん一人一人が鍵を握っています。つまり「できていないかな?」と思う人が、今後どれだけ「私はできているよ!」に変わっ てくれるかにかかっています。さあ、この 5 月から「挨拶の声を相手に届けよう!」を目標に、お互 いの心が通じ合う、自分の心が温まる、そして皆が元気になる、そのような挨拶が尚一層あふれる学 校にしていきましょう。

 最後に保護者の皆様へのお願いでございます。毎年、この 5 月の大型連休明けは、誰しもが顔が下 がって『面倒』な状況に陥りがちです。生徒たちも、気持ちが落ち込んでしまったり足取りが重くな ってしまったりといったことが大変心配されます。どうぞ、ご家庭におきましては、お子様との関わ りを充実させながら状況把握にお努めいただけたら幸いでございます。何か心配なことがありましたら遠慮なくご相談ください。ご家庭と学校の連携のもと、この大型連休を力強く乗り切ってまいりたいと思います。